店舗での設定操作

  1. 「サロン 日々の管理」→「店の休みなど」で所属する店舗の情報を設定します。

    「サロン 全体の設定」→「店情報」とほとんど同じ項目です。
    但し、定休日なのだけれども特別に営業する場合や、研修等で特別に休む場合の設定は、「サロン 日々の管理」→「店の休みなど」で行います。

    1. 不定期な営業日/休み
      1. 日付を設定後、「営業」又は「特別に休む」を選択し、「追加」ボタンをクリックしてください。
      2. 操作している年以外も入力可能ですが、操作している年以外の情報を確認する場合は、年を入力後「再表示」ボタンをクリックしてください。
  2. 「サロン 日々の管理」→「クーポンの設定」で割引クーポンの設定をします。

    1. 設定コード
      クーポンを識別するためのコードです。店舗内で一意であればどのような値でもよいですが、規則性を持たすことをおすすめします。例えば年+形式+通番にして、”2014fi001″など。
    2. クーポン名
      顧客が予約する際のクーポン欄に表示される名称です。
    3. 有効期間
      クーポンに有効期間を設ける場合設定します。例えば年末限定にしたい場合などを想定しています。未入力では期間のチェックを行いません。有効期間開始または有効期間終了のどちらかのみ入力した場合は、「有効期間開始から無制限」それぞれ「有効期間終了まで無制限」となります。
    4. 使用方法
      クーポンの使用方法を「無制限」、「1顧客にx回まで使用できる」、「指定ランク以上の顧客が使用できる。」、「初回のみ使用できる。」から選択します。

      1. 「無制限」はどのような顧客でも使用可能となります。
      2. 「1顧客にx回まで使用できる」はx回までは同一顧客に使用できます。同一顧客はメールアドレスにより判定しています。
      3. 「指定ランク以上の顧客が使用できる。」は顧客情報でランクを変更した顧客のみ使用できます。この項目を選択した場合、「ランク」項目が表示されますので提供したいランクを選択してください。ランクは「通常」、「シルバーランク」、「ゴールドランク」、「プラチナランク」、「ダイヤモンドランク」とあります。「ダイヤモンドランク」が最上位になります。「ゴールドランク」を選択した場合、「ゴールドランク」以上のランクである「プラチナランク」、「ダイヤモンドランク」の顧客も使用できるクーポンとなります。
      4. 「初回のみ使用できる。」は初めての顧客のみ使用できます。初めての顧客の判定は過去に登録メールアドレスで予約をしているかで判定しています。
    5. 割引パターン
      「パーセント」、「総計」のいずれかを選択します。

      1. 「パーセント」は予約時に選択したメニューの総額から次の項目「パーセント又は値段」で指定した割合を減額します。
      2. 「総額」は予約時に選択したメニューの総額から次の項目「パーセント又は値段」で指定した値段を減額します。
    6. パーセント又は値段
      「割引パターン」に応じた減額をする値を割合(パーセント)又は値段で設定します。